WEBマーケティングに関する記事一覧

2016.05.30How To アンケート , WEBマーケティング , マーケティング・市場調査 point-to-incorporate-questionnaire

Webマーケティング活動にアンケートを取り入れるときのポイント

●Webマーケティング活動にアンケートを取り入れるときのポイント 企業のマーケティング活動も、インターネットなしには成立しない時代となりました。ホームページの運営、メルマガの配信、検索エンジンやソーシャルネットワーキングサービスを利用した情報収集など、現代ではいわゆるWebマーケティングが各企業のマーケティング活動の中心になっています。 このようなWebマーケティングの一環として、Webアンケートを取り入れる企業が近年増加しています。アンケート自体は従来的なマーケティング方法ですが、紙ではなくWeb上で実施する際には、いくつか気を付けるべきポイントがあります。そこで今回は、Webマーケティング活動にアンケートを取り入れるときのポイントをご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング

Webマーケッター必見!マーケティング業務に必要なスキル3つ

おすすめ

●Webマーケッター必見!マーケティング業務に必要なスキル3つ Webマーケッターは、マーケティングの基本的な知識だけではなく、Webに関する幅広い知識が求められる職業です。例えば、Webページやランディングページの構成、最近のWebページのトレンド・仕組みなど、常に最新の情報を集めなければなりません。しかし、Webマーケッターとして業務を遂行していくためには、知識を持っているだけでは不十分です。それらの知識を活用するためのスキルを身に付ける必要があります。 Webを活用したマーケティング施策を考えるためには、Webに関するスキル以外にどのようなスキルを身に付ければ良いか分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、Webマーケッターが身に付けたい、マーケティング業務に必要なスキルを3つご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング , マーケティング・市場調査 6631-00053-1

メール配信サービスの仕組みとメールマーケティングの基礎

おすすめ

●メール配信サービスの仕組みとメールマーケティングの基礎 Webマーケティングの一環として、メール配信サービスの導入を検討しているWeb担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、メール配信サービスについて大枠のイメージは持っていても、具体的なサービス内容については知らない方が多いかもしれません。また、メールマーケティングと聞いてメールマガジンのことを想像する方も多いと思いますが、メールマーケティングとメールマガジンは似て非なるものです。 そこで今回は、メール配信サービスの仕組みやメールマーケティングの基礎について、簡単にご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00052-1

インターネット広告のおすすめは?費用対効果が高いWeb広告の種類

おすすめ

●インターネット広告のおすすめは?費用対効果が高いWeb広告の種類 インターネットの普及が進むにつれ、インターネットによる広告の市場規模は拡大し続けています。特にここ数年、スマートフォンが普及したことにより、人々がインターネットに接する時間はとても長くなりました。雑誌や新聞よりもインターネットで情報を目にする機会が圧倒的に多いのではないでしょうか。 インターネット広告は多くの人に見てもらえるだけではなく、広告を見た後すぐにWebサイトなどから購入や問い合わせができるため、売上に繋がりやすいという利点があります。さらに、広告効果を簡単に解析することができ、より効果的な宣伝方法を検討できる点もメリットです。テレビや新聞などと比較し、広告費用が低いものが多いことも魅力ではないでしょうか。 このようにさまざまなメリットを持つインターネット広告には数多くの種類があります。今回は、インターネット広告の中でもおすすめと言える、費用対効果が高いWeb広告の種類をご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00050-1

これだけは押さえておきたいWebマーケティング専門用語の基本

おすすめ

●これだけは押さえておきたいWebマーケティング専門用語の基本 Webマーケティング職として企業で働き始めてから間もない方は、会議で飛び交う言葉や資料に記載されている言葉の意味が分からず、議論の理解に時間が掛かることも多いのではないでしょうか。 実際、マーケティングの世界ではさまざまな専門用語が使用されています。言葉の意味を知らないとコミュニケーションが上手くとれず、仕事がなかなかはかどらないことも少なくないでしょう。 そこで今回は、Webマーケティングの世界でよく使用される基本的な専門用語をご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00049-1

新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格

●新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格 現在では、多くの企業がWebマーケティングを行うようになりました。Webマーケティングの認知度や重要性が高まるにつれ、企業がWebマーケティング担当者に寄せる期待も高まっています。 期待に応えるためには、日々Webマーケティングの能力を磨くことが必要です。 新米Webマーケティング担当者が効率よく能力を磨くためには、Web系の資格を取得することをおすすめします。資格は能力の証明になります。また、資格の勉強を通して幅広くWeb系の知識を身に付けることが可能です。そこで今回は、新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格を4つご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00066-1

ソーシャルメディアマーケティングとは?ソーシャルメディアの活用事例3つ

●ソーシャルメディアマーケティングとは?ソーシャルメディアの活用事例3つ ソーシャルメディアの普及に伴い、近年益々ソーシャルメディアマーケティングが発展しています。 従来のテレビや新聞などのマスメディアでは、相手の興味の有無にかかわらず、大人数に対して情報を一方的に発信してきました。そのため、相手に興味を持たせ、印象に残る情報を伝えることが重要でした。一方、ソーシャルメディアでは、企業側から情報を伝えるだけでなく、ユーザーからも情報を発信できます。興味のある相手に絞って情報を発信できる上、ユーザー自らが興味のある情報について検索し、触れることが可能です。 今回は、ソーシャルメディアマーケティングの定義や活用事例3つをご紹介します。

2016.05.30How To アンケート , WEBマーケティング , 分析・レポート 6631-00064-1

【ブランドマーケティング】ブランド戦略でアンケートを効果的に使う方法

●【ブランドマーケティング】ブランド戦略でアンケートを効果的に使う方法 店頭に同じような商品が2つ並んでいるとき、どのように1つを選びますか。単純に安い方を選ぶ場合もあるでしょう。しかし、多少価格が高くても、「この会社が作ったものなら信頼できるだろう」「〇〇製のものが好きだから」という理由から、商品を選ぶこともあるのではないでしょうか。そのような信頼や愛着を与えるような、企業や商品が持つ価値のイメージを表す概念が「ブランド」です。 ブランドイメージが高ければ、価格が高くても多くの人に選ばれる可能性が高くなります。反対に、ブランドイメージが悪いと、価格が安くても選ばれにくいでしょう。多くの消費者に選ばれ続けるためには、マーケティングを行なってブランド戦略を取り入れる必要があります。 効果的なブランド戦略を打ち出すためには、アンケートを行って購買層の好みや関心を知ることが大切です。今回は、ブランド戦略でアンケートを効果的に使う方法をご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00063-1

インターネット広告費用を確保する!Webマーケティングの必要性の説き方

●インターネット広告費用を確保する!Webマーケティングの必要性の説き方 新商品や新サービスのプロモーションを行うために、Web上にインターネット広告を展開する企業が増えています。しかし、インターネット広告業界で後れを取る企業において、ITが苦手な上司や経営陣に対し、Webマーケティングの必要性を上手に説明することはなかなか難しいことでしょう。そのため、インターネット広告を出すための十分な広告費用を確保できない経験をしたWebマーケティング担当者の方もいるのではないでしょうか。インターネット広告費を経営陣から確保するには、彼らにWebマーケティングの必要性を理解してもらう必要があります。そこで今回は、インターネット広告費用を確保するためのWebマーケティングの必要性の説き方をご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング , 分析・レポート 6631-00062-1

PDCAサイクルを回す意味とは?マーケティングにおけるPDCA具体例

●PDCAサイクルを回す意味とは?マーケティングにおけるPDCA具体例 Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価、検証)、Action(改善)という事業活動のサイクルを表す「PDCA」は、生産管理や品質管理などの管理業務として考え出された手法ですが、今やあらゆる業務を円滑に進めるために活用されています。もちろん、マーケティングにおいても例外ではありません。企業が常に成長を続けられるような、効果的なマーケティング活動を行うためには、PDCAサイクルを回すことが重要です。

2016.05.30WEBマーケティング , マーケティング・市場調査 6631-00058-1

消費者インサイトを理解する!購買行動プロセスの事例3つ

●消費者インサイトを理解する!購買行動プロセスの事例3つ 一昔前までは、良いものを作ればものが売れる時代でした。しかし近年では、そもそも人がものを欲しがらなくなり、優れた商品を開発しただけでは売れなくなってきています。消費者の心をつかみ、購買意欲をそそる何かがないと、ものが売れない時代になりました。 消費者の心をつかむためには、「消費者インサイト」を理解する必要があります。消費者インサイトとは、「消費者の本音」です。消費者が「欲しい」と感じるポイントを考え、商品開発やプロモーションに活かすことが、消費者インサイトの活用法です。消費者インサイトを探るためには、消費者の「購買行動プロセス」を理解することが大切です。購買行動プロセスとは、「消費者がある商品のことを知り、それを購入し、実際に使用し、最終的に破棄するまでの経験・心理状態を、時系列もしくは段階別に表すモデル」のことです。今回は、消費者インサイトを探るための、購買行動プロセスの事例を3つご紹介します。

2016.05.30WEBマーケティング 6631-00057-1

BtoBマーケティングを成功させる、BtoBサイトのマーケティング戦略とは

●BtoBマーケティングを成功させる、BtoBサイトのマーケティング戦略とは 企業対企業の商取引を意味するBtoB(Business-to-Business)。BtoBビジネスでは顧客拡大・売上向上のために、顧客企業への訪問や展示会への参加を通した、直接「売り込む」ことを主体とした営業活動が多くなる傾向にあります。 しかし、現在では競争激化により直接的なアプローチが通用しなくなっています。では、どのようにすればBtoBマーケティングで効率よく新規顧客を獲得することができるのでしょうか。BtoBマーケティングを成功させるためには、Webサイトの有効活用が重要な鍵となります。

2016.05.30WEBマーケティング , マーケティング・市場調査 6631-00056-1

消費者のニーズを捉え、消費者心理学をマーケティングに活かす方法

●消費者のニーズを捉え、消費者心理学をマーケティングに活かす方法 マーケティングとは、「ものを売るための戦略」のことです。近年では、消費者心理を活かしたさまざまな手法がマーケティングに用いられています。クチコミを利用した宣伝活動はその良い一例です。現在では、消費者心理学を活かして消費者のニーズをつかみ、売上につなげるマーケティングの手法が欠かせません。今回は、消費者心理学をマーケティングに活かす方法についてご紹介します。

2016.05.29WEBマーケティング 6631-00099-1

インフルエンサーとは?インフルエンサーマーケティングの始め方

インフルエンサーとは?インフルエンサーマーケティングの始め方 TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及に伴い、今日では誰もが簡単に世界に向けて情報を発信、及び受信することが可能になりました。商品のヒットのきっかけが、影響力の大きいスポーツ選手、芸能人、専門家やブロガーのSNSでの発言であることも少なくありません。インターネットマーケティングの鍵を握る手法が、このSNSを利用したインフルエンサーマーケティングです。 今回は、このインフルエンサーマーケティングについてご紹介します。

14件中 1~14件を表示