2016.05.30How To アンケート , アンケートツール , マーケティング・市場調査

インターネットリサーチで良質なアンケートモニターを見極める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

good-monitor-in-internet-research

従来、顧客の満足度調査を実施する際は、郵送や電話調査によるアンケートが一般的でした。しかし現在では、低コストで素早く行えるインターネットを利用した市場調査(インターネットリサーチ)が主流となっています。PC・スマートフォンを多くの人が持つようになったため、調査目的に応じて、多様なアンケート回答者(モニター)に短期間で意見を聞くことが可能になりました。しかしその反面、アンケートの実施が有意義となるか否かは、モニターの質に大きく依存しています。

そこで今回は、インターネットリサーチでより正確なアンケートを行うために、良質なアンケートモニターを見極めるポイントをご紹介します。

良質なアンケートモニターを集めるには

how-to-collect-good-monitorアンケートモニターを集める際は、インターネットリサーチ会社に登録しているモニターを利用する方法と、企業自身でモニターを募集する方法があります。

 

 

 

 

 

 

【1】インターネットリサーチ専門会社に調査を依頼する場合

using-monitors-resigned-in-internet-research-companyインターネットリサーチ専門会社にアンケート調査を依頼する場合は、まずその会社に登録されているモニター数をチェックしましょう。登録者数が多いほど、多種多様な職業・年齢・性格の人から、アンケート対象者を選定することができます。そのため、調査目的に合ったモニターが見つかる可能性も上がります。

また、リサーチ専門会社のホームページや資料に記載されたモニターの品質管理・向上に関する対策も重要なチェックポイントです。「長期間回答がないモニターは有効モニター数に含めない」、「バランスのとれたネットリサーチパネルとなるよう、不足している属性の補強募集に努めている」などの施策を公言している会社は、モニターの質も高いと考えられます。

さらに現在では、インターネットリサーチマーケティングのコンシェルジュも存在し、無料で相談できる場合もあります。リサーチ会社の選定に迷った際には、このような専門家の意見を参考にすることも可能です。

 

 

【2】企業自身でアンケートモニターを集める場合

collecting-monitors-by-each-companyアンケートを実施する企業自身でモニターを集める場合は、まずアンケートで調査すべき対象や調査目的を明確に把握することが大切です。

リサーチ会社に依頼する場合と同様に、「なぜ」「どのように」アンケート調査を行うのか曖昧なままでは、適切なモニターを選ぶことはできません。

また、モニターを募集する際は、登録者に対して無条件で品物をプレゼントするキャンペーンや懸賞などを安易に行わないことも大切です。登録時のキャンペーンや懸賞のみを目当てに、設問に全く答えないモニターや、いいかげんな回答をするモニターが多数集まった場合、アンケートの質が低下してしまいます。

加えて、登録後もモニターの質を維持するために、登録情報を定期的に更新することを義務付ける、あるいは不正が見受けられたモニターには退会処分を含めたペナルティーを課すなどの方法も有効です。他にも、本アンケートの前に行う事前アンケートに対する回答や自由記入欄への回答をしっかり行っているかチェックするという点も、良質なモニターを選出するポイントとなります。

 

おわりに

インターネットリサーチを行う上で、モニターの質はリサーチ結果の精度に直結するとても重要な要素です。
しかし、良質なモニターを集めるため登録時に一人一人と直接話をするなどの方法は、かかる時間とコストを考えた場合、現実的な方法とは言えません。

少しでも多くの良質なモニターにアンケートの回答を依頼できるよう、アンケートを実施する際には、ご紹介したポイントを参考に、優良なアンケートモニターを見極めてください。

 

アンケート・Webフォームを簡単に作成できるASPサービス

従業員調査・マーケティング分析ツールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Web Research Plus お役立ちナビ

Web Research Plus お役立ちナビ

従業員調査やネットリサーチ・Webアンケートに関する情報を発信します!!