2016.05.30How To アンケート , マーケティング・市場調査 , 分析・レポート

データ収集だけで終わらせないデータドリブンマーケティングの重要性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

importance-of-data-driven-marketing

近年では、「データドリブンマーケティング」がマーケティング担当者の間で話題となっています。

データドリブンマーケティングには、従来のマーケティング手法にはなかったメリットや活用法があります。そこで今回は、データドリブンマーケティングをアンケートに反映させる方法の一例をご紹介します。

データドリブンマーケティングとは

about-data-driven-marketingデータドリブンとは、「データ志向」「データ重視」という意味です。

新商品の企画を立てる際、各企業はかねて販売実績や顧客情報のデータを収集・分析し、予測モデルを立ててきました。データを用いてマーケティングを行う点では、従来手法もデータドリブンマーケティングも同じです。

ただし、データドリブンマーケティングを実施する企業では、市場分析において、より大規模かつ複雑な構造の「ビッグデータ」を分析します。この点において、データドリブンマーケティングは従来のマーケティング手法とは異なる特性を帯びています。

 

 

 

アンケートへの活用例

how-to-use-data-driven-marketing-for-questionnaireある企業が、A町にある自社店舗に関してアンケートを行うケースを考えてみましょう。

従来的なマーケティングの場合、企業は自社店舗から近い場所に住む、A町およびその同心円状の周辺町民のみを対象としてアンケートを配布します。

一方、データドリブンマーケティングに基づくアンケートを行う場合は、例えばビッグデータから「ロケーションログ」を抽出することにより、より効率的にアンケートの配布範囲を決めることができます。

ロケーションログとは、GPSや来店情報などの位置情報を分析して、生活者の行動履歴をデータ化したものです。

ロケーションログを分析することで、「A町以外にB町とC町住民の来店が多い」など、従来手法では予測できなかった店舗の具体的な商圏が示されます。この3つの町でアンケートを配布すれば、A町のみを対象にアンケートを実施した場合と比べて、より多くの有意義な意見を集めることができるでしょう。

またアンケートの内容についても、ビッグデータの分析結果を参考にすることで、該当する3町民が多く購入する商品に絞るなど、良質な設問を作成することができます。このようにデータドリブンマーケティングを行うことで、より効率的にアンケートを実施することができるのです。

データドリブンマーケティングを効率よく行うために

how-to-perform-driven-marketing-efficientlyデータドリブンマーケティングは効率的な手法です。ただし、有益なデータを獲得するためには、取り扱う情報量に応じた費用が必要となります。データドリブンマーケティング全般に言えることですが、際限なくさまざまなデータを入手しようと試みた場合、膨大な予算が必要になってしまいます。また、対象となるデータが増えれば増えるほど、分析にも相応の時間を要します。そのため、データドリブンマーケティングでは、扱うデータ種類を絞ることが重要です。

 

 

 

 

 

おわりに

データドリブンマーケティングについて、概要やアンケートへの活用例などをご紹介しました。
市場利益向上を目指す上で、データドリブンマーケティングの実施には計り知れないほどのメリットが存在します。しかしその手法の複雑さから、現時点で十分にビッグデータを活用できている企業はいまだ少数です。
多くの企業が試行錯誤している今こそ、ビッグデータ分析に関する自社ノウハウを、競合他社より少しでも多く積み重ねていく努力が大切です。改善に改善を重ねることで、他にない独自のマーケティングツールを作り上げることができます。
データドリブンマーケティングを実施する際は、まず自社で収集しているビッグデータの種類や、それらデータの分析頻度・分析方法を把握することから始めましょう。

 

アンケート・Webフォームを簡単に作成できるASPサービス

従業員調査・マーケティング分析ツールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Web Research Plus お役立ちナビ

Web Research Plus お役立ちナビ

従業員調査やネットリサーチ・Webアンケートに関する情報を発信します!!