2016.05.30WEBマーケティング

新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Marketing - text illustration with social icons and tablet computer and mobile cellphones on cyan digital world map background

現在では、多くの企業がWebマーケティングを行うようになりました。Webマーケティングの認知度や重要性が高まるにつれ、企業がWebマーケティング担当者に寄せる期待も高まっています。期待に応えるためには、日々Webマーケティングの能力を磨くことが必要です。

新米Webマーケティング担当者が効率よく能力を磨くためには、Web系の資格を取得することをおすすめします。資格は能力の証明になります。また、資格の勉強を通して幅広くWeb系の知識を身に付けることが可能です。そこで今回は、新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格を4つご紹介します。

新米Webマーケティング担当者におすすめのWeb系資格

【1】マーケティング・ビジネス実務検定

6631-00049-2「マーケティング・ビジネス実務検定」は、国際実務マーケティング協会が主催している試験です。特定の業種・業界にとらわれない、幅広いマーケティング知識が求められます。

オペレーションレベルのC級・B級、マネジメントレベルの準A級、戦略レベルのA級と、4つのレベルの試験が用意されています。自分のレベルや担当している業務内容に合わせて、段階的に試験を受けることが可能です。Webマーケティングを学んでいる学生から熟練のWebマーケティング担当者まで、さまざまな立場の方におすすめできる資格です。

また、マーケティング・ビジネス実務検定は、公式テキストや問題集が販売されているだけではなく、事前に検定試験対策講座が開かれます。学習の環境も整っており試験勉強を行いやすい点も、注目したいポイントです。

 

 

【2】ネットマーケティング検定

6631-00049-3「ネットマーケティング検定」は、一般企業のWeb担当者が受験することを想定した、インターネットマーケティングの知識を身に付けるための検定です。企業のWeb担当者に求められる「ファシリテート能力」「Webに関する知識や技術」「ネットマーケティングに関する知識」「経営戦略と連動したWebブランディング能力」の4つの要件を評価・認定します。

マーケティング・ビジネス実務検定がマーケティング全般を学ぶ資格であることに対し、ネットマーケティング検定はWebマーケティングに特化した資格です。

 

 

 

 

【3】Webアナリスト検定

「Webアナリスト検定」は、日本Webソリューションデザイン協会が実施している検定の1つです。より効果が出やすいサイトの作成や運用のための、アクセスデータや市場動向、トレンド、組織の各種経営情報を分析し、状況を読み取るスキルを評価する検定です。

「ベーシック」「アドバンス」「スペシャリスト」の3つのレベルがありますが、現在受験できるレベルはベーシックのみです。なお、Webアナリスト検定には対策講座とテキスト、検定試験料がセットになったパッケージが用意されています。そのため、独学で勉強することが不安な方も安心して受験できます。

 

 

 

 

【4】Web検定

「Web検定」には、「Webリテラシー」「Webデザイン」「Webディレクション」「Webプロデュース」の4つの部門があります。最も基本的な試験が、Webリテラシー試験です。Webリテラシー試験は、Webに関わる仕事を構成するデザイナー、ディレクター、プロデューサーの主要3職種が共通して身に付けるべき最重要知識を問う検定です。

それぞれの職種の担当者が共同で仕事をする上で、職種間の認識のズレが発生することを防ぐ目的があります。Webリテラシーを学んだ後、業務内容に応じて担当する職種の検定を受験する流れが一般的です。

どの検定も受験して損はないですが、Webマーケティング担当者の場合、まずはWebサイトのマネジメント力が問われるWebプロデューサー検定を受けることをおすすめします。

おわりに

Webマーケティング担当者として取得したい資格は、今回ご紹介した4つ以外にも多数あります。立場や業務内容などに応じてその都度必要な資格を選び、受験しましょう。

資格を取得することは、客観的に自分のスキルを証明できるだけでなく、仕事で学んだ知識の再確認や能力の向上にも役立つメリットがあります。
これからWebマーケティング担当者として成長していきたい方は、今回ご紹介したWeb系資格の取得を視野に入れてはいかがでしょうか。

 

アンケート・Webフォームを簡単に作成できるASPサービス

従業員調査・マーケティング分析ツールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Web Research Plus お役立ちナビ

Web Research Plus お役立ちナビ

従業員調査やネットリサーチ・Webアンケートに関する情報を発信します!!