2016.05.27How To アンケート

アンケート調査の回答率を上げるアンケートの作成コツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tips-for-making-questionnaire

アンケートを実施した際、回答が無記入だったり、1つだけ選ぶべき選択肢に複数のチェックがついていたりと、結果集計を行うにあたって頭を悩ませた経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。無回答や無効票は、多くの場合集計の対象から外されてしまいます。アンケートを実施する際は、有意義な回答を少しでも多く回収できるような工夫が必要です。

そこで今回は、アンケート調査で回答率を上げるための設問作成のコツをいくつかご紹介します。

回答率を上げるアンケート作成のコツ

how-to-increase-response-rate-for-survey質問の仕方そのものによっても、アンケート回答者が抱く心理的な印象は大きく変わります

例えば、「どのくらい満足いただけましたか?」とポジティブな質問をされたほうが、「どのくらい不満でしたか?」とネガティブな質問をされるよりも、回答者のモチベーションが上がり次の設問に進む確率が高くなります。

また、「この商品の値段とラインナップをどう思いますか?」などの質問の場合はどうでしょうか。回答者は「値段とラインナップのどちらについて聞かれているのだろう?」と悩み、途中で答えることをやめてしまうかもしれません。アンケートを作成する際は、回答者の立場に立って設問を考えることが大切です

 

 

具体的には以下のような点に注意してください。

  • 否定的(ネガティブ)な表現は避ける
  • 設問数は少なくする
  • 選択肢が多くなりすぎないようにする
  • 無記名にする(できるだけ、個人情報などを記入させないようにすること)
  • シンプルな質問にする(あいまいな表現は避けること)
  • 時系列を合わせる(質問されている状況を思い起こしやすいように)
  • 専門用語や略語、特殊な用語には説明を加える

回答形式を工夫する

devising-answer-formatアンケートを実施する際には、対象者が回答しやすいように調査票の形式を工夫することも必要です。
以下では、代表的な回答形式をご紹介します。

【1】単一選択型

選択肢から1つだけ選ぶ回答形式です。

回答する側は答えやすく、集計する側もまとめやすい便利な形式です。

【2】複数回答型

選択肢から2つ以上選ぶ回答形式です。

回答者の気持ちに合わせて、より適切な答えを引き出すことができます。ただし、「複数回答可」の場合も、選択肢がすべて選ばれないように工夫することも大切です。

【3】順位回答型

優先順位を数字で入力する回答形式です。回答だけでなく、比較的集計・分析も行いやすい形式です。

【4】自由回答型

回答を文章で自由に記入してもらう形式です。

具体的な意見を聞くことができる半面、無回答や意味不明な回答が増加するというデメリットもあります。

アンケートを回収するための工夫

web-questionnaireアンケート調査を行う媒体(紙またはWebシステム)や告知の方法(郵送またはインターネットを使用したもの)によっても、回収率は大きく変わります

紙媒体のアンケートでは、調査票の返送が必要な場合、せっかく回答を記入しても返送することを忘れて無回答となるケースもあり得ます。

なお、インターネットを利用したWebアンケートはメールや回答フォームの送信ボタンを押すだけでアンケートを回収することができるため回答率が高い傾向があります。

 

 

 

おわりに

回答率が低い場合、一部の対象者の意見しか収集できず調査結果に偏りが生じかねません。調査結果を活用しようとする際にも支障が出てしまうでしょう。

アンケートの回収率を上げるためには、回答者が途中で不安になったり、回答の仕方に困ったりすることのない設問を作成する必要があります。適切な設問を用意することができれば、対象者も真剣に回答してくれます。以上のことを踏まえ、回答しやすいアンケート作成を行ってください。

アンケート・Webフォームを簡単に作成できるASPサービス

従業員調査・マーケティング分析ツールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Web Research Plus お役立ちナビ

Web Research Plus お役立ちナビ

従業員調査やネットリサーチ・Webアンケートに関する情報を発信します!!